ホーム >> 利用規約

利用規約

象潟夕日の宿さんねむ温泉(以下、「当館」といいます)は、本サイトの利用規約(以下、「本規約」といいます)を以下の通り定めます。なお、本サービスを利用される方は、以下の条件に承諾いただいたことになります。

第1条 本規約の適用範囲および変更

1.本規約は本サイトのサービス(以下、「本サービス」といいます)の利用に関し、当館を含む本サービス利用者(以下、「利用者」といいます)に適用されるものとします。

2.本規約は、利用者に事前の承諾を得ることなく、当館が必要と判断したときに随時変更できるものとし、利用者はこれを承諾するものとします。

第2条 本サービスの利用

1.利用者は本規約および当館が別途定める個人情報保護方針の指示に従い、本サービスを利用できるものとします。

2.当館は、利用者の事前の承諾を得ることなく、本サービスの内容を変更することができるものとします。

3.利用者は本サービスを通じて利用者が発信する情報につき一切の責任を負うものし、当館に何等の迷惑または損害を与えないものとします。

4.本サービスの利用に関連して、利用者が他の利用者あるいは第三者あるいは権利者に対して損害を与えた場合、または利用者が他の利用者あるいは第三者あるいは権利者と紛争を生じた場合は、利用者は自己の費用と責任で解決するものとし、当館に何等の迷惑または損害を与えないものとします。

5.利用者が未成年者の場合、本サービスの利用については親権者の承諾を必要とします。

6.利用者のプライバシーについては「個人情報保護方針」に依拠するものとします。

第3条 本サイトの保守

当館は、本サービスの稼動状態を良好に保つために、以下の場合には利用者への事前の通知や承諾なしに、本サイトおよび本サービスの提供の全部あるいは一部を変更・追加または停止および中止することができるものとします。またサービスが中止、変更等されたことにより利用者が被った損害について、基本的に当館は責任を負わないものとします。

1.システムの定期保守および緊急保守の場合

2.火災、地震、洪水、落雷、大雪、停電、天変地異等により、システムの運用が困難になった場合

3.システムの不良、コンピュータ・ネットワーク機器・回線等の故障および第三者による妨害行為等により、システムの運用が困難になった場合

4.その他、止むを得ずシステムの停止が必要と当館が判断した場合

第4条 禁止事項

利用者は本サービスを利用するにあたり、以下の行為をおこなってはならないものとします。

1.お問い合わせ等の際に、虚偽の内容を親告する行為

2.本サービスの運営、営業を妨げる行為、その他本サービスに支障をきたす恐れのある行為

3.クレジットカードを不正使用して本サービスを利用する行為

4.他の利用者、第三者もしくは当館に迷惑、不利益もしくは損害を与える行為、またはそれらの恐れのある行為

5.他の利用者、第三者もしくは当館の著作権、プレイバシーその他の権利を侵害する行為、またはそれらの恐れのある行為

6.公序良俗に反する行為、その他法令に違反する行為、またはそれらの恐れのある行為

7.当館が本サイトで提供するサービス、情報等に関する情報を、事前に当館に承諾を得ることなく、営利・非営利を問わず使用する行為

8.当館もしくは本サービスに関する情報、または本サービスを通じて提供される情報を改ざんする行為

9.有害なコンピュータープログラム等を送信または書き込む行為

10.その他、当館が本サービス運営上不適当と判断する行為

第5条 著作権

利用者は当館の承諾を得ないで、本サイトを通じて提供されるいかなる情報も、著作権法で認められる利用者個人の私的複製等、著作権の制限規定範囲を超えての使用、または公開することはできないものとします。また、本規約に違反して著作権等の知的財産権に関する問題が生じた場合、利用者は自己の費用と責任においてかかる問題を解決するとともに、当館に何等の迷惑または損害を与えないものとします。

第6条 免責

1.お問い合わせ等の際、利用者から送信された情報に関して、記入漏れ・メールアドレスの誤入力・判読不能な文字化け現象など、当館に帰責事由のない場合に発生した損害について、当館は一切その責任を負わないものとします。

2.本サイトに記載された情報の安全性・正確性・適応性・有用性・最新性・確実性を保証することはできません。また、本サイトに記載された情報に基づいて生じた損害に関しては、当館に故意または重過失がある場合を除き、当館は責任を負いません。

3.天災・事変・その他非常事態により、本サービスを運営できない場合、当館はそれにより利用者に生じた不利益に対して責任を負わないものとします。

4.当館が本サイト上の如何なる変更・追加・廃止に対して生じた不利益・損害については、当館はその責任を負わないものとします。

第7条 合意管轄裁判所

利用者と当館との間で、訴訟の必要が生じた場合には、神戸市を管轄する裁判所を専属的合意管轄裁判所とします。

第8条 準拠法

本規約の成立、効力、履行および、解釈については日本法が適用されるものとします。