ホーム >> 周辺観光案内 >> 施設

周辺観光案内

施設

白瀬南極探検隊記念館

白瀬南極探検隊記念館は、少年時代から極地探検を志し、研鑚を重ねたにかほ市金浦出身の白瀬 矗(しらせ のぶ)陸軍中尉と、彼の壮大な夢とロマンに共感した30人の男たちが、明治末期、南極の白い大陸に繰り広げた壮絶な人間ドラマを記録した館です。
オーロラドームでは、北極と南極で撮影されたオーロラ実写映像と、地球が誕生してから現在の南極大陸が形成されるまでの歴史を再現したCG映像「南極創世記」を上映しています。

開館時間 3月~10月:午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
11月~2月:午前9時~午後4時(入館は午後3時30分まで)
休館日 毎週月曜日(祝日の場合はその次の平日) 年末年始(12月29日~1月3日)
入館料 一般:300中学生:200円  団体(20人以上):通常の100円引
身体障害者:通常の半額

象潟郷土資料館

潟時代の象潟を825分の1の模型で再現しています。
また県の文化財にも指定されている、象潟の旧景を余すことなく伝える図屏風があります。そのほか、貝殻や埋もれ木などが展示してます。この埋もれ木は紀元前466年の噴火の際、杉が泥流によって土中に封じ込まれ、近年掘り出されたもので、象潟の成因の壮大なドラマを感じることができるものです。

開館時間 3月~10月:午前9時~午後5時 11月~2月:午前9時~午後4時
休館日 毎週月曜日(祝日の場合はその次の平日) 年末年始(12月28日~1月4日)
入館料 一般:150円 高校生その他学生:100円 小中学生:50円
団体(15人以上) 一般:100円 高校生その他学生:50円 小中学生:30円

フェライト子ども科学館

フェライトとは磁性材の一種で、その優れた特性は電子部品として身近な幅広い分野で利用されています。
フェライト子ども科学館は、このフェライトをモチーフに、磁性のもつパワーを利用した展示装置に触れ、子どもと大人が一緒に楽しめる科学館です。あなたもフェライトのパワーを体感してみませんか。

開館時間 午前9時から午後5時(入館は午後4時30分まで)
入場料 展示室→ 大人:500円、子ども:300円
定期入場券
(1年間有効)
大人2,000円、子ども1,200円
(1年間有効)  団体(20人以上) 大人:400円、子ども:240円